著しくはない建屋なので

著しくはない建屋なので

都内から近くがレクリェーションに来たので、大阪吹田に新しく出来た「ニフレル」っていう博物館をめぐってきました。
博物館って言っても、図表や彫刻が展示して掛かるわけではなくて
水族館って動物園を足して2で割って、こじんまり、ちょっとおしゃれにした感じのところです。
ウィークデイだったこともあり、待ち時間もなくスムーズに入館出来ました。
いよいよだったのだけど、ダラダラ賞賛、楽しかっただ。
世の常水族館って、壁際にそって水槽があるというのだけど、ここはそうじゃないのです。
それこそ博物館や美術館のように、経絡の中間にいくつもの展示水槽があって、あちらこちらにアクセスを向けて見て行く感じです。
生物の評価も最低限しか書かれていないのは、一長一短かなぁ。
によって人気を植え付けるイメージなんだけど、その場その場で惜しくも同意出来る霊感も欲しかったかもだ。
末日になるとホワイトタイガーやカバ、鳥類なんかの展示だ。
鳥類はともかく、内部展示だしいわば不憫だし、ここにトラやカバは取り除けるイメージだけど、これも斡旋につきかしら。
著しくはない建屋なのでじわじわ見て回っても90分け前ぐらいでした。
魚やクラゲ、エビなどの動きを見てるだけで幸せに上る人物には、もってこいのポジションです。
それでも私たちは空いてる時に行けたからOK出来たけど
混雑時にこういう展示で1900円は、効率、低いなぁ、って思っちゃった。
ウィークデイが好機。http://hat.achoo.jp/


Comments are closed.