はじめてのTOEICーIPチャレンジ受験

はじめてのTOEICーIPチャレンジ受験

目下はユニバーシティにはいってはじめてのTOEIC受験へ行ってきました。とはいうものの、ユニバーシティに入学して未だにたったの二ヶ月、がっつり対策して近年を迎えるお客は少なかっただ。私の個々も、「え、二百問いも解かなきゃなの?」「二スパンとかやってらんねーよー」「え、試験中間ミニオンズのスマホアプリしてサボってちゃだめなの?」みたいな感じのお客ばっかりでした。当のあたいはというと、そんな感じのお客という盛り上がりながらも、じつはひと月拍子空いた時間をみつけて答えを通して近年を迎えるという、タチの悪いことを通していました。とはいっても、わずかひと月のそのうちのニッチスパン、リスニング、本読みの始めしかまともな答えはできず、ほかの大問いはその機能ってだいたいの解き方、そうして受験の際の簡単な術ぐらいの情報をひっさげて受験しました。現に、試験が始まるという、私の友達は、障害に向き合うお客もいれば、ぼーっとやるお客、熟睡しておる人さまざまでした。僕は、若干の対策をしていたおかげで最初はすらすら解けたものの、やっぱ対策をしていなかった以下はつらく、二十問いぐらい解ききれず適当に印せざるをえませんでした。そんな感じで試験ラスト。私のユニバーシティの水準が毎年三百面席という低めなので、四百面とれたらありがたいなぁというレスポンスでいらっしゃる。次回は、確実の準備をして六百面を狙いにいきたいと思います。


Comments are closed.