行く末今実績形の文法

行く末今実績形の文法

わたしは今、イングリッシュを勉強している。
理由は最近外人と接する機会が多いためだ。
目下、わたしがいるところはシェアハウスになります。
そこではわたしほか全員が外人になります。
日本語を語れる方もいますが、話せない方もいる。
その人たちと会話する時は必ずイングリッシュになってしまいます。
最初の頃は単語単語でしか話せず、どうにもイングリッシュが通じませんでした。(今でも随時通じないことがあります。)
ただし、そこからわたしはイングリッシュを練習し始めるようになりました。
最初は中学校英単語、イングリッシュ法の勉強に熱中しました。
そこから簡単なイングリッシュ法を使えるようになりました。(クエスチョン便り、否認是認便り、行く末今実績形の文法)
現在はそこからまだまだステップアップし、ハイスクールイングリッシュにも取り組んでいる。リスニングも少しずつ速いイングリッシュも判るようになってきています。
なので私の運が良かったのが、ことを正しく聞き取ってくれてイングリッシュを徐々にわかりやすくわたしに教えてくれる外人がいたことです。
その方のおかげでわたしはイングリッシュをしばらくできるようになりました。
とにかく最初は速いイングリッシュだけだと聞き取れず、妥協してしまうことが多いので、スロースピーキングから話していただける外人がいることにサンキュー。
再びしゃべれるようになり、その方といった一際要項をきつくしゃべれるようになりたいと思います。


Comments are closed.